スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
お嬢イベントデビュー!名坂道路開通記念マラソン
3/17のことですけど、
八幡浜と保内を繋ぐ道路の完成記念イベントに参加してきましたよ~


写真-2013-03-17-9-48-49

名坂道路開通記念マラソン

詳しくはコチラ

距離4キロと短いですが、それを上手に利用した

1割マラソン

というネーミングが洒落ていて凄くいいと思います(^ー^)


写真-2013-03-17-10-01-29

幼児もOKです。この場合はファミリーでの参加となります。
しかも参加費が無料ということで、多くの参加がありましたよ!


写真-2013-03-17-10-02-34

我が家も4人で参加しました。
お嬢にとっては初イベントです。デビュー(笑)

5才の娘にとって4キロという道のりはかなり厳しいと思っていましたが、僕はなんとなく「行けるやろ」と軽い気持ち(笑)
家の周りを走る練習を2回やってこの日を迎えました。


写真-2013-03-17-10-15-34

お兄ちゃん(8才)はスタート早々に自分のペースで行ってしまいました(^^;;
親の心配も何のその。折り返して「イエーイ!」
颯爽と駆けていきました。(カメラが追いつかんかった・・・)

サスガ、サッカーをやらせているだけはアルか。
もしかしたら心肺能力高い?
自転車やらせたら面白い?
ただし、コンポはSHIMANOのSORAから始めるべし!(笑)

さてさて、お嬢5才はというと、、、

「だっこー」を当然、連発。

しかし鬼トーチャンは抱っこしません!
歩いてもいいから、ゆっくりでいいから4キロを自分の足で完走して欲しいのです。
折り返し地点に用意されているご褒美を連呼して鼓舞します!!

「○○ー○!」

「○○ー○!」






そして、なんとか・・・
写真-2013-03-17-10-19-32


みかんジュースをゲットしたお嬢。

お嬢、これこそが愛媛県民のソウルドリンクだよ(笑)

写真-2013-03-17-10-20-16

補給を終えて残り半分、いざ!!

お気づきでしょうか、コースは実は4分の3がトンネル内という面白さ!
新築は明るいね!(^、^)

みかんジュースでご機嫌になったお嬢は、ママを追い越しては膝をついてちょっと休憩を繰り返してます。
疲れて辛そうな表情をすれば

「ゴールの○○○!」

と応援し、


小声で「だっこ・・・」と呟く時は

鬼トーチャンは

この一歩は唯一無二の一歩なり!

踏め!!

お前なら出来る!

がんばれ!!



と、M修造に変身していたのでした(笑)



写真-2013-03-17-10-32-21

後少しでゴールだ。しかし、速度は落とさなくて良いぞ(笑)


写真-2013-03-17-10-39-22

やったー!4キロ完走~~!!
参加賞ということになるのか、お菓子をゲット。
しかも先着200名様限定のイベント100円ン券が2枚付き!!我が家は4人での参加なので合計800円分になりました。


なんて素晴らしいイベントなんだ(^0^)

写真 2013-03-17 11 47 59

今回走ったのはこんなところ。さすがトンネル。一本道!(笑)


写真-2013-03-17-11-16-37

イベント広場は大盛況。ちゃんぽん、ピザ、などなど(*^_^*)


写真-2013-03-17-11-20-27

気がつけば息子がステージで餅をついていた!!

写真-2013-03-17-11-25-31

地鶏をジュージュー(*^_^*)


写真-2013-03-17-11-31-15

じゃこ天の実演~(*^_^*)

おばあちゃんの熟練の技が見事でしたねぇ。


写真-2013-03-17-11-33-19

ウマシ!(*^▽^*)

ウマシ!(*^▽^*)




P3170505.jpg

こちらの写真は先にゴールしていたsukebonzさんがわざわざ待っててくださって、更に撮影もしてくれました。
お嬢と手を繋いでゴールする僕と奥方。そしてそれを待つお兄ちゃん。
家族4人の写真が完成です。
感謝感激です!!
どうもありがとうございました!!


この後は温泉に入ってまったり過ごし、とても楽しい一日でした~(^^)

スポンサーサイト
[2013/03/26 18:58] | イベントに出よう | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
第1回郷ノ峰ヒルクライム
土佐センチュリーの参加賞の中に「第1回郷ノ峰ヒルクライム(H24.9.16)」の案内がありました。
是非参加したいと思っています。
チラシの内容を転記しますので、興味の有る方はご参考ください。(^^)

(追記 H24.8.17)
尚、サイクルスポーツで紹介されている「2012吾北ヒルクライム大会」は「第1回郷ノ峰ヒルクライム」と同一で、正式名称は「第1回郷ノ峰ヒルクライム」とのこと。
高知のサイクルショップ山根さんに電話確認しましたよ~。(^^)

更に追記
このコースは、土佐センチュリーAコースの一部と同じらしいです。633美の里からの最後の試練・・・、あの延々と続くトンネルまでの10数キロの登り。どうやらソコらしい。。。
どうしようかな・・・パワーの無い僕にはかなり苦手なコース。悶々と悩みちう。

(追記 H24.8.29)
スケジュール調整が難しく参加が非常に困難になってきました。
残念ですが今回は断念します。(><;;



===== ここから =====

第1回郷ノ峰ヒルクライム(案)

■主催
いの町(予定)・高知県サイクリンク協会

■日時
平成24年9月16日(日)(小雨決行)
受付9:00~ 開会式9:30 開始10:00~ 競技終了予定12:30

■コース
国連439号線 11.5km 標高差(600m程)
吾川郡いの町上八川甲トンネル東出口~上八川丙郷ノ峰トンネル西入り口

■集合受付
高知県立追手前高等学校吾北分校(予定)
吾川郡いの町上八川甲2075-1

■種日
ヒルクライム・タイムトライアル
高校(登録・未登録)・一般(登録・未登録)・女子(登録・未登録)
時差スタートによる個人タイムトライアルとする。ただし、申し込み状況により
若干の変更もありうる。
※未登録についてはMTB・クロスバイク車の参加可

■参加資格
2012年度日本自転車競技連盟登録者 およぴ、中学生以上の未登録者。
ただし、未成年者は保護者の承認必要。

■参加費
サイクリング協会会員 及び 日本自転車競技連盟登録者 1.000円
未登録者 1,500円

■参加申込
9月7日(金)までに、郵便局備え付けの「郵便振替払込用紙」をご使用し、
下記口座まで参加料をお振込み下さい。その際に、通信欄へ住所、氏名、
生年月日、電話番号(自宅及び携帯電話)をこ記入下さい。

※ サイクリンク協会会員はJCA会員No. 日本自転車規技連盟登録者は
  JCF登録No. も併せてこ記入をお願いします。
※ 振込み手数料は参加者でこ負担願います。

《振込先》
加入者名:高知県サイクリング協会
口座番号:01690-8-100368

■表彰
登録者については、各種別3位までを表彰する。完走者には、認定証を発行す
る。高体連選手については、上記に加えて、高体連規定により表彰する。

■注意
駐車場については指定された場所を利用すること、道の駅「633美」などを利用して
はならない。

■お問い合わせ先
〒780-8037 高知市城山町67→5
高知県サイクリング協会 内 郷ノ峰ヒルクライム係り 担当山根
TEL:088-831-9614  FAX:O88-832-7448

===== ここまで =====


会場でお会いしましょう!(^o^)

[2012/08/07 13:25] | イベントに出よう | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
土佐セン雨中修行
午前5時起床

近所を散歩しながら山の方を見て
お天気予報サイトを幾つも見比べて

雨はヤダ。雨はキライだ。降るのかな?絶対降るだろうな。と、

悶々と過ごすこと1時間と50分。

2012-08-05_05-25-02_000.jpg

どうせ松山に帰るンだからと妻の実家に妻と子ども二人を残して高知市内を離脱。

3度目の土佐センチュリーにようやく参加してきました。(^^;;

2012-08-05_08-40-25_000.jpg

会場に着いて受付を済ませたら8時を回っていました(^^;;;

リキさん、まさおさん、い○うえさん、DAFさん、努力家君、わ○さんにくっついて、
Bコース90kmの最終組でスタートしました。

去年は地獄のフルコース160km。それに比べたら今年は楽勝かも・・・なんて甘い考えはすぐに(やっぱり)砕かれます。

リキ機関車がポッポー!シュッシューー!!

と煙突から蒸気を上げて驀進するので、あちこちからイキナリかよ!の声が!!(笑)

先頭をローテしながら、一応、僕も牽かせてもらって、次は?と思ったらDaieizanさん+リキさん合同列車が後方から驀進!!
チラリとさらに後方に目をやると、お客さん乗ってないやん!!(^^;;;

いつもどおり。振るい落とされる自分。。。

またか一人旅・・・

途中、プチトラブルのリキさんを横目に、トンネルを越えてからムササビの里までの苦手な下り区間。後方からのDHバー・クラウチングスタイルの努力家君の追い上げに怯えながら今回のテーマその1。

苦手な下りを耐えるべし


回す回す。空気抵抗を極力抑えながら回した。で、足が売り切れた(笑)


2012-08-05_09-44-31_000.jpg

ムササビの里にて。アンパン補給中のリキさん。(^^)

実は僕も高知のスーパーでリキアンパンに負けないアイテムをゲットしていたのだ。

2012-08-04_18-46-04_000.jpg

ニコニコパン~♪


食感がちょっと変わっている。じゃりじゃりするのだ。そして生クリームが旨し!

気になる貴方は探してみてね(^_-)☆


さて、ムササビの里から道の駅木の香までの間に一山越えるくらいの登りがある。
結構エグイ。
ここで、赤いスペシャ載りのDaieizanさんから「ブログ見てますよ~」と声をかけてもらった。

大変恐縮です。。。

なのに、直後、遅れてしまうとは 

頑張らんかい。と思うのにチギレテしまった。12キロのダイエットに大成功した努力家君はクライマーに変身していた。お、追いつけない(涙)

峠を越えてからはDAFさん、努力家君とローテで回す。で、この頃から雨・・・(-_-::

2012-08-05_11-28-16_000.jpg

道の駅木の香にて、うどんを補給する。

2012-08-05_11-41-05_000.jpg

止まない雨・・・(-_-;;

しかし、今回は奥の手アイテムがあったのだ。

2012-08-05_11-41-31_000.jpg


ミスター尻尾くん。


155グラムもするけど、僕にとってはとっても重宝しました。だって、変態なアミアミ・サドルのため、雨天走行中はそれはもう、、、



永遠のウォシュレット状態(滝汗)



これ、お○りが(許してね)冷たくて痛くてペダルを回す限り延々と継続するので、か~な~り、辛いのです。
国東160キロの経験だな(遠い目)

ここからゴールまでは約30キロ。しかし、降り続く雨のせいで寒い寒い
真夏なのに寒くてガクブル状態。ちっとも体が温まらないな・・・と思ったのも束の間。
またまたリキ機関車が

オラオラー!ポッポー!シュッシュー!!

と、今度はチギレそうでチギレ無い、アタックをかけられない、ひたすら我慢の生殺し状態が続く。
我慢や我慢やと、京都伏見の石垣くぅんばりにあと15キロ。あと10キロ。。。
あと5キロおぉぉぉ~!
この区間の微妙なアップダウンもか~あ~な~り、エグイ。

ふと・・・初出場した2年前がフラッシュバックする。

『前、牽きます!(by機関車アラちゃん)』

『あ、ありがとうございますぅ~。え?えぇぇぇ???(僕)』

と置いていかれた悲しい記憶。
ここ、土佐Bコースも僕の原点なのです。

き、切れるものかぁ~(><;
あの時とは違うんじゃ~(><;;


   じゃぁあ・・・






      ぁぁぁぁ~~







2012-08-05_12-52-30_000.jpg

ようやく辿り着いたラスト・チェックポイント。

2012-08-05_12-43-46_000.jpg

今年もバナナとポカリのサービスにがっつく。

出来れば・・・せめて10キロ手前にしてください・・・m(__)m

なんとかキレずに喰らいつくことが出来た。良かった。(><;;
よ~く、我慢した自分!!!

去年はフルコース160キロをほぼ独走した。多分、鍛錬にはなったと思うけど、やっぱり自分より速い人に喰らいつく方が効果的なトレーニングだよね。

今日は濡れたけど走れて良かった。(^_^)


楽しかった。(^_^)

2012-08-05_13-12-30_000.jpg

無事にスタート地点の道の駅さめうらに帰ってきました。

そうそう、お気づきでしょうか?今回からゼッケンが車体へのガムテープ貼りからタイラップ留めでのプラ・ゼッケンに変わりました。
しかし、これ、留め方に注意が必要なのでご注意下さいね。


ん?サイコンに目をやるとアベ27.9キロ(滝汗)

はぁ???この山岳コースでぇ???(汗)

下りで頑張ったからかなぁ。。。

2012-08-05_19-38-53_000.jpg

さてさて、今回の戦利品。

流石酒の国高知!!

ワンカップ酒があるじゃないですかぁ。それと今回から初めて?パン(^^)

それと、何々???


第1回郷ノ峰ヒルクライム(9/16)ですと?


しかも参加料1,500円?!









[2012/08/05 21:14] | イベントに出よう | トラックバック(0) | コメント(12) | page top
久万高原ヒルクライムレース
前日はアルコール漂うイベント(仕事)でした。
打ち上げの誘いを振り切って、
この私が生ビールをたったの!!2杯で切り上げたのですから大したもんです(笑)

その数時間後、AM4:30起床・・・。

めちゃくちゃ眠たい・・・。
前夜のイベントのせいで走り回って、腰が痛い。脹脛が痛い。体が重い。等々「言い訳ネタ」の準備は万全で、車にエクスカリバーを積み込んでAM5:00に出発。目的地の美川スキー場までは1時間と十数分。

2012-07-29_07-09-22_000.jpg

到着して少ししたら、駐車場があっと言う間に選手の車でいっぱいになりました。
今は閉鎖してしまった美川スキー場ですが、私がスキーデビューして、初めてマジで雪山遭難しかけた場所でもあります。

なので、、、

2012-07-29_07-08-18_000.jpg

スキー場で、自転車が走っているのは違和感ありすぎます(笑)

リフト錆びてるし。

いっそのこと、美川サイクリングパークなんて改名したらどう???

2012-07-29_06-48-58_000.jpg

今年で2回目のこの大会。ケイリンの補助金が出ているようで、しっかりした運営に何度か驚かされました。

2012-07-29_06-50-20_000.jpg

大会関係者のバイクは外車だし

2012-07-29_06-48-52_000.jpg

車はフィアットだし。

並んでいるのを見て思わず賞品かと思った(笑)


2012-07-29_06-54-40_000.jpg

ゼッケンをつけるのは苦手・・・。今回はまぁまぁ上手くつけられた(苦笑)

2012-07-29_07-03-17_000.jpg

スタートまで時間があるので、ディレクターズ・チェアでぼーっとしたり、ローラー回したり、自転車仲間の皆さんに相手をしていただいて過ごす。

ローラー回していたら、同じくローラー回されてたゆ~じさんと目があっちゃった時、何か通じ合うものがあったような気がしちゃったりしたのは僕だけでしょうか。ね、ゆ~じさん?


なんて馬鹿なことは置いておいて、さて、いつも思うこと。

いつ朝ごはんたべよう(笑)


結局、効果的な食事タイムが分からないまま、適当にピザやパワーバーやバナナなんかをモシャモシャ食べる。

で、スタート地点までカテゴリー別に分かれて全員で下る。

2012-07-29_09-34-26_000.jpg

スタート地点で後ろを振り向いたらこんな感じ。

お~、下ってる。こっちにスタートしたい(笑)

2012-07-29_09-34-15_000.jpg

本当の進行方向はこっち。

坂だから仕方ないけど、スタート直後の登りってマジで勘弁して欲しい(涙)

10人ずつで10秒間隔でスタートする。
このスタート前のドキドキな緊張感はたまらない。

スギリンの店長の嬉しい応援を受けてスタート。さて、ここでムリして付いて行くと絶対最後までモタナイのでじっくり抑え気味にした。遅い人間がこんな戦略なので益々遅い。次々と後続スタートの皆様においていかれる。

「行ってきます!」とコンディション悪そうなF田兄さんもあっさり見えなくなった。
みんな凄い。

5キロ地点で昨年覇者のH川女史に「オス!」と置いていかれた。明らかにペースが違う(滝汗)

前方からこぼれてくる方を追い越すけど、後続スタート組に置いていかれるほうが断然多い。
そんな中、山鳥レーシングのマウンテンバイクの方に

LUPPIファイト!
ダンシング入れて♪負荷分散♪


と笑顔で声援を頂いた。ありがとうございました。
でも、思うほどダンシングを使えない。明らかに疲れてしまう。ペースも上がらない。体幹が弱いし、腕の力も弱すぎる。ココ。これからの改善点か。

5月の阿蘇でターザンさんに教わった「ぱっぱっ」なペダリングでシッティング基調で登ることにした。

途中、シゲ師匠、DAFさん、あさみん、あゆみん、そしてゴール手前ではケイ君の応援をもらって、チームメイトの声援は力になるなぁと実感した。嬉しかった。

ゴール手前では目標だった全力でペダルを回す!だけはなんとか実践できて、無事に完走。

自己計測では1時間13分ほど。

2012-07-29_11-05-22_000.jpg

ゴール地点はこんな感じ。

2012-07-29_11-04-20_000.jpg

振り向いたらこんな感じ。

2012-07-29_11-22-58_000.jpg

その先で休憩。右見たらこんな感じ。

2012-07-29_11-23-04_000.jpg

左見たらこんな感じ。

こんな見晴らしのいい場所で選手全員がゴールするのを待ってから美川スキー場まで下る。

2012-07-29_12-46-10_000.jpg

下ったら、、、

2012-07-29_12-52-34_000.jpg

頂いた昼食券で、、、

2012-07-29_12-55-22_000.jpg

カレーだ!!


こういう気配りウレシー!!

しかし、直後に

2012-07-29_13-01-59_000.jpg

雨だ。(涙)

カレーがスープカレーになってしまうところだった。

雷もゴロゴロ鳴ってるし(汗)
もしも、ゴール地点でこれだったらと思うと滝汗かいてしまった。
良かった、良かった。

雨の中、表彰式が始まったけど、疲労困憊していたので途中で失礼してしまった。
5キロ地点で追い越されたH川女史は貫禄の1時間切りで見事2連覇!!
凄すぎる!!
おめでとうございます!!

男性1位はなんと47分台。どんだけだ・・・(滝汗)

距離15.4キロ
平均斜度6.8%
標高差1065m

過酷なコースでとてもしんどい思いをしましたが、走り甲斐のある楽しい大会でした。地道に練習して来年は1時間数分台を目指します。

大会関係者の皆様、ありがとうございました。
選手の皆様お疲れ様でした。

運営スタッフに回られたリキさん!お疲れ様でした!!



[2012/07/30 23:22] | イベントに出よう | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
晴れの国おかやま4時間エンデューロ(前半)
3月11日(日)のこと・・・

第2回晴れの国おかやま7時間エンデューロ男女混合に参戦してきました。

1:10(笑)にリキさんの車に乗り込み
1:30(笑)ガッキーさん、アラちゃんと合流
1:40(笑)エース猫さんと合流
真夜中をメンバーは岡山国際サーキットを目指したのでした。
この時、僕の睡眠時間1時間半。眠い!!しかし、「寝れん、寝れんかった!」「結婚式の2次会で0時過ぎまで飲んでました!」との声が。皆さん、ツワモノです。

2012-03-11_05-55-16_000.jpg

5:30(汗)ようやく到着。

2012-03-11_06-01-54_000.jpg

お月様がキレイねー(笑)

2012-03-11_06-02-20_000.jpg

車載された4台のロードレーサー。
まさか自分の自転車がこのように大切に積んでいただけるとはちょっと感動。
スギリンまで取りにいってくれたリキさんに感謝感謝。

2012-03-11_06-37-34_000.jpg

ふと、足元を見ると水溜りが凍っている(汗)

さっびー!!

2012-03-11_07-47-55_000.jpg

リキさんとアラちゃんによって確保してくれたピット。この二人、運転までしてくれて申し訳ないったらありゃしない(汗)

念願のカーボンフレームを手に入れて、みんなの自転車とやっと並べられるなぁ、、、と、夏のミッドナイトを思い出しながら、それでも「次はホイールか・・・」と、貯金を誓うのでした。安くしてくれんかなぁ。。。

ガッキーさんのLight Weightめっちゃ軽い。ずるい!(笑)

2012-03-11_08-11-51_000.jpg

スタート前。

2012-03-11_08-12-00_000.jpg

戦闘モード・スイッチオン!!気合の形相、第一走者のカンチェラーラ(右)。

監督リキさんは第三走者(左)

作戦はこう。
アラちゃん→ガッキーさん→リキさん→僕→エース猫さん
つまり、第三走者までの超ツワモノが稼いだアドバンテージを僕と猫さんが堪えてキープするといもの。

ヤベ。

変な、妙な、すっげー、超プレッシャー

2012-03-11_08-32-34_000.jpg

7時間エンデューロがスタートした後、いよいよ4時間もスタート。

2012-03-11_08-52-38_000.jpg

先頭集団で駆け抜けていくアラちゃん

いつの間に買って来た蒜山焼きそばを楽しむ猫さん

既に目的忘れとろー!!


まぁ、最終走者は3時間後だから今から気合入れてるとパフォーマンス下がるからね。と、肯定してみる。

2012-03-11_08-56-14_000.jpg

マトリックス・パワータグの面々が先頭を引き続けます。

2012-03-11_09-07-36_000.jpg

我らがアラちゃん、先頭集団にて、流してる?(汗)

す、凄いねー。集団で気持ち良さげだねー。俺たちだったら早々にチギレテ、後方でヒーハー言ってるもんねー。さすがだねー。と僕と猫さんは大ダベリング大会。

この頃は寒いけれど太陽の光が差し込み風も無く良いコンディションだったのですが、次第に、、、そして、この後に想像を絶する事件が勃発するのでした。

で、後半に続く。しばしお待ちを(笑)

[2012/03/14 01:07] | イベントに出よう | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。