スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
スパイダー・ツインテール
いよいよ今週末に迫った石鎚山ヒルクライム。
その対策に2ヶ月前から昼食のカロリーを抑えたり、ローラー練習で減量に励んでいるつもりなのに、2キロ程度しか落ちていない。ガッツリ走り込んでも翌日には戻る。
ヤバイぞ、気持ちがへこみそうだ。
いや、このまま継続して頑張ろう。。。

ついでにスプロケ(12-27T)を新調して、ずっと気になっていたタイオガ スパイダー・ツインテールをオークションでポチリ。勿論新品です。

2011-09-23_00-58-26_000.jpg

2011-09-23_01-00-11_000.jpg

135gと軽い。跨るとお尻から伝わってくる感覚は当然「硬い​」けど、走行中はサドル全体のしなりがクッションの代​わり以上に感じました。きちんとポジショニング出来れば​使えるかも。勿論、個人差はあるでしょうが、先日、愛媛センチュリー・ハーフ(80キロ)で使用してみて「使えない!」とは思いませ​んでした。石鎚山ヒルク​ライムが終わってもしばらくこのまま使ってみようと思い​ます。

さて、その石鎚山ヒルクライム。先日の3連休でやっと試走に行けました。

2011-09-24_14-37-23_000.jpg

コースとなる「石鎚スカイライン」は車を運転して初めて走った時「しんどい!!」と感じた道です。
そこを自転車で走るのだから「しんどい!!」です。とっても「しんどい!!」です。なんだか可笑しくて試走してて笑っちゃいました。

2011-09-24_14-46-20_000.jpg

この写真を撮ったあと、アブ?蜂?に追っかけられました。
思わず自転車がガシャンと(涙)
ムシ対策が必要です。

2011-09-24_15-13-22_000.jpg

初試走の結果は散々でした。途中、高校生のお姉ちゃんと中学生の弟君に千切られる有様でしたが、後で話をしてみて納得。そりゃあ、おじさん、叶いませんわ。二人とも礼儀正しくて可愛らしく、お父さんもとっても気さくで、またまた、自転車に乗ってて良かったなぁと思った土小屋付近でした。

さてさて、課題を見つけました。
左足のペダリングが上手く出来ていません。ほぼ右足頼りで添えている程度。これを何とかすればタイムに繋がるかもしれません。平坦路でも千切れにくくなるかな?
よーし、ローラーで左足ペダリングの練習だ。






スポンサーサイト
[2011/09/28 00:12] | 自転車パーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
震災から半年
IMG_3277.jpg

職域のご縁で松山の北のほうを走ってきた。
菊間の辺りから初めて走る農免道路は気持ちのいいアップダウンの繰り返しで、
天候にも恵まれたせいで、何度も走りたくなるコースになった。

IMG_3284.jpg

ほど良く山間部も走った全長70キロ。
初めて一緒に走った方もいて、どんどん増えていく自転車仲間の輪。
これが自転車乗りの醍醐味なんだろうな。

そして家に帰れば大切な家族が待ってくれている。
子供たちが見せてくれる愛くるしい寝顔は至上の癒し。

好きなことが出来る日常を、当たり前に過ごすことがどれだけ大切で贅沢か。

今日は9月11日。
東日本大震災から半年。
東北地方では、震災で亡くなられた方々のご冥福を祈り、14時46分に黙祷がささげられたはずだ。


今日からちょうど3ヶ月前。
被災された方々と一緒に黙祷をささげた私は、恥ずかしいことにその行為に実が無かった。想像を絶する津波の爪痕を目の当たりにした私は、発災直後どう対応すれば多くの人が死なずにすんだのか。教訓として活かすと言うにはあまりにも悲惨な状況下、亡くなられた方々に天国でゆっくりお休みくださいなんて言葉は正しくない、では何を思えばいいのか。思考が思うように働かないまま、答えが見つからないまま、静けさの中に1分間が流れていってしまった。

童謡に ふるさと がある。


 兎追いしかの山
 小鮒釣りしかの川
 夢は今もめぐりて忘れがたき故郷

 如何にいます父母
 恙なしや友がき
 雨に風につけても思いいずる故郷

 こころざしをはたして
 いつの日にか帰らん
 山はあおき故郷水は清き故郷


幼かった頃、おじいちゃんやおばあちゃんの家に遊びに行ったこと。古い建物で、夜にはトイレに一人で行けなくて親を困らせたり。近所の山に昆虫を取りに行ったり。
畑に忍び込んで果物をこっそり食べたり。
人それぞれで色んな景色を思い出すだろう。

東北には、この風景を失ってしまった人たちがたくさんいる。
復興が進んで新しい街が出来ても、無くした昔の風情はもう戻ってこない。


2011-06-11_15-49-38_00.jpg


それとうやむやにしてはいけないのが
特に、遠く離れた場所に住む私たちは破壊された建物の映像しか見えてこないから、どうしてもぼやけてしまうけど、2万人近い人が亡くなった事実。

生まれて数ヶ月の赤ちゃん
通園バスで通う園児
ガレキの中の作業着や革靴の主はどこへ行ったのか。

大勢の方の死をしっかり受け止めなければいけないんだと思う。

出来ることは微々たることだけど、いや何も出来ないけど
思うことだけでも風化させないことに繋がるんじゃないかな。

2011-06-13_13-13-21_00.jpg


東北で生き抜く人たちの心の平穏が、1日でも早く訪れますように。


[2011/09/11 22:12] | がんばっぺ東北 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。