スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
秋めいて
しまなみサイクリングでLUPPIのみんながハッチャケテいるだろう頃、私はアイテムえひめで仕事してました。
前日の土曜日も仕事で、2日間でラーメンを3杯食べてました。あれ?

2011-10-15 13.16.57

2011-10-15 16.50.05

2011-10-16 12.37.16


次の週末も仕事してまして、バリーさんの住んでいる町の高いホテルに泊まらせてもらえたのは超ラッキーでした。おお、奥に来島海峡大橋が見える(画質が悪くてわかりませんが)。

akimeite000.jpg



そして翌日の24日(月)は振り替え休日。
子供達はそれぞれ小学校と幼稚園へ。
おっと気付けば夫婦二人きり・・・こんなチャンスは滅多に無い!!!




オラオラ 脚ぃついたら田舎に帰れ!




akimeite002.jpg

旧犬寄峠で猛(?)特訓に耐える奥方。

前述の暴言など万に一つ小声でも言えないものの


休憩などしている時は、はたから見ればスイーツな印象を持たれたとしても、奥方には我慢の日でした。いつも一人で走っている奥方今日はえらかった。

を、横目に 秋だなぁ、、、一句でもひねろうか。昼飯はそばか、ラーメンか、何にするか遠い目の私。

akimeite003.jpg

少しずつ紅葉がはじまっていました。
すっかり秋です。

峠を越えて、

akimeite004.jpg

クラフトの里でマロンアイスを補給~。
栗の欠片が入ってて秋だぁ!!

この後、まぁ不運なトラブルがあったのですがここでは触れないことにして、

お昼ごはんは豚丼を。

akimeite001.jpg

いつもは「そば」とか「カロリーゼロのゼリーとおにぎり一個」なんて粗食なんですが、今日は贅沢させて貰いました。

そう言えば、すっかりスパイダーツインテールに慣れてしまった私のお尻。どうも人より皮が分厚いらしいです(笑)

追記
トラブルが気になる方は こちら をどうぞ。
大事に至らず良かったですが、流石に肝を冷やしました。
私も今後気を引き締めたいと思います。はい。



スポンサーサイト
[2011/10/25 23:11] | 自転車な生活 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
子の教え、いざ きらら館へ
ローラー台を1時間LSDで回しただけの連休はストレスが溜まってました。
一人でスポレク練習でもしようかと思っていた矢先、スギリン仮店舗でアラちゃんに遭遇。無理矢理お願いしてアラちゃんたちの練習に混ぜて貰うことにして頂きました。
浮かれ気分で帰宅し、心待ちにしたアラちゃんからの連絡メールには


ケンタロウさん、まさおさん、アラちゃん、DAFさん、あっぐさんと

伊方町の きらら館 まで行く。




   はい?( ̄□ ̄;;;   当然、狼狽えた


やばいぞこれは!!メンツも行き先も想定外!!

男として玉砕するか、
足手まといにならぬよう大人の判断で断るか。
途中から消えるか(爆)

あーだこーだと悶々としていると、

「前を向くんよ ( ̄▽ ̄)」 7歳の息子に檄を飛ばされました。



これが子に教わるということか・・・



覚悟を決めて、午前7時に集合場所の坊ちゃんスタジアムへ。
今日は1ミリでも食らい付いていくためにお腹一杯食べてきた。石鎚山HC用に装備したスパイダー・ツインテールをそのままで、デジカメは要らない。補給食は軽いものを。気合いも入れた(一応)。

ケンタロウさん、まさおさん、あっぐさんと4人で先ずはふたみまで。
かなり贅沢なメンツ。

ふたみからは、アラちゃんとDAFさんと合流し、更に豪勢なメンツ。
あっと言う間にアラちゃん列車が時速45キロオーバーと暴走する!!!

これはあか。保た。帰れ。(滝汗)

まさおさんの大人の判断に最後尾で激しく相づちを打ち、まさおさん、DAFさんと抑え気味でローテ。

途中、アラちゃんが引き返した後からのきらら館までの登りは、、、予想以上に脚が回りました。っていうのは皆さん、どうやら前日でかなり回したらしく疲労が残ってたためでした。
申し訳ないですけど、助かった・・・( ̄_ ̄;;

2011-10-10 10.16.08

きらら館にて、40代おじさんのバイク3台。

2011-10-10 10.21.02

きらら館で見つけた地元感満載のゼリー。さっぱりして美味しかったです。

折り返し、昼ご飯は保内の矢磨樹でうどんを食べて、帰りの海岸線を全員でローテ。平均時速35キロを維持。先頭時には顔が引きつっていたかもしれないけど、ロードレーサーの醍醐味を味わいました!!

最後の難関、三秋峠ではなんとか視界の中にお姿を残したものの、ケンタロウさんとまさおさんの流石のアタックに次元の違いを痛感。悔しいなぁ。。。

連休最終日にいい練習になりましたあ。
集団っていいなぁ(付いていけると)。
皆さん、どうも有り難うございました。

え?走行距離140キロで アベ 28.7キロ。(汗)

[2011/10/11 18:06] | 自転車な生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
石鎚山ヒルクライムレース
記念すべき第1回 石鎚山ヒルクライムレース が開催されました。
40オヤジは今回も家族のサポートを得て参戦。いつもありがとう。

先週の試走時にアップの重要性を痛感したので、ローラー台を持ち込みクルクルさせながら家族4人分の荷物に目線をやると、私は一体何しに来たんだろう?と時々錯覚してしまう(汗)

お嬢。くつろぎすぎ・・・

01.jpg

奥方がお湯を沸かしてくれて飲んだあったかいコーンスープはうまかった!もうほとんどピクニック状態である(笑)
そのためか、やたらと目立ったらしく、ついでに言えば、家族連れというのは絵になるらしく、結構シャッターを切られた記憶がある。

「写真撮らせてくださーい」

使ってくれる?

「笑顔次第でーす」

エヘヘヘ(載せて載せて)

すっかり目的を忘れてた・・・(汗)

02.jpg

面河渓谷、スタート前

03.jpg

スタート直前(^^)

04.jpg

ゴール目前

05.jpg

攣りかけた足を堪えて、向かい風に耐えて、抜かれても前を向いて、ペダルを回し続けた13.6キロの道のり。

土小屋、ゴール地点。

シゲ師匠!お疲れ様です!!敬礼!!!

06.jpg

職域の方々と。

07.jpg

愛しのLuppi。


本当に楽しい大会だった。
成績は1時間3分4秒と大したこと無かったが、自分なりに最後はダンシングでモガケタし、これはゴール目前で「なおみん」や「あさみん」の声援。そして「まさくんの応援メッセージ」のおかげで、こういった気持ちがありがたいし、
ジャージの重み
何より大会関係者のこの大会にかける意気込みを大会中ヒシヒシと感じ取れた。
怪我の無いようにとの安全面での配慮。
荷物の運搬。
下山後の『うどん』なんてありがたすぎて涙が出そうだった。
あったかいよ・・・

08.jpg

子どもたちにはオヤジが楽しんでいる姿を見せたいと思っている。
いい年した大人たちが心から笑っている顔も沢山見せたいと思っている。
そこから彼らなにり何かを感じ取ってくれて、彼らの世界で活かせてくれたら幸せだ。



第1回大会ということで、手探り状態の中、本当に大変だったと思います。
大会関係者の皆様に心よりお礼申し上げます。

来年も参加します。1時間切目指します!!


愛媛に素晴らしい大会が誕生したよ!!!

[2011/10/05 00:44] | イベントに出よう | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。