スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
家内ヨシ門松
ツイッターで石巻市北上川の河川敷に群生するヨシを使った門松作りの記事を見つけた。北上川の情景とそこで暮らす人たちの顔がフラッシュバックして目頭が熱くなる。
これってPTSDの一種なのかな・・・
溢れそうになるのを必死に抑える。

ヨシの門松は 道の駅「上品の郷(宮城県石巻市)」 で販売しているという。上品の郷は「じょうぼんのさと」と読む。風情のある響きで忘れられない。この道の駅は、北上町に支援に入らせてもらった際にレンタカーで何度も前を通った。温泉があるせいか駐車場には車が多くて、じゃあ僕らも。ついでに買い物と舌鼓を、と”正直”思ったが、車内の誰もがそれを口にしなかった。ついさっきまで僕らがいた体育館避難所の光景を思い出さずにいられなかったからだ。入口に溢れた靴。網戸の無い窓に干された洗濯物。壁中に貼られたお知らせの数々。カップメンの山。わずか3畳程に段ボールで仕切った空間で暮らす人たち。こんな環境が「生活」などと、家族や住む場所を失った人たちに更に追い打ちをかけてむごたらしい、、、僕らは被災者とのギャップに戸惑っていた。この大きすぎる違いは誰が線引いたのか。あまりにも不公平すぎる。

あの賑わいに入れまい?僕らは観光に来たんじゃない。

いつも車窓から眺めるだけだったある日思わず口に出た。
「5年か10年後、またこのメンバーで来ましょう。どれだけ復興したか確かめに来るんです。此処の美味しい物もたらふく食べましょう。」
異論は無かった。ここの風呂に入ることを楽しみに過ごす数年間も、これからの人生の中にあっていい。

前述のヨシの門松がどうしても欲しくなった。今回は素通りしたくない。
上品の郷におそるおそる電話をかけた。対応してくれた女性のゆっくり目で少しのんびりした感のある口調と独特のイントネーションな東北訛りは僕の緊張を解いてくれた。愛媛からの問い合わせに驚き喜んでくれる。地方発送可能らしい。
ありがとう、嬉しいのは僕の方です。

門松はクリスマスに届いた。素敵なクリスマスプレゼントになった。

2012-12-26_23-14-05_00.jpg

2012-12-26_23-15-42_00.jpg

2012-12-26_23-20-33_00.jpg

丁寧に作られていて凄くしっかりしている。
思いが込められているのだろう。

2012-12-26_23-04-02_00.jpg

手紙が入っていた。
十三浜か・・・
にっこりサンパークの仮設住宅か・・・



この門松で我が家の幸せと、津波でお母様と奥様を亡くされた制作者のお父さん。そして北上町は勿論、石巻、東日本大震災で被災された東北の皆さん、日本全国それ以上に幸せな一年が届きますように。そんな願いを込めて飾ります。
民家の門松飾りは殆ど見ないし、我が家でも初めてのことだけど、

こんな正月があっていい。



スポンサーサイト
[2012/12/26 23:42] | がんばっぺ東北 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<O-DEN 2012 | ホーム | サンタさんからの贈り物>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://jitemoto.blog137.fc2.com/tb.php/131-150bf7d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。